お役立ち情報

HOME» お役立ち情報 »よく聞くセットバックとは?

お役立ち情報

よく聞くセットバックとは?

土地探しを始めるとセットバック(道路後退)という言葉を聞く機会が増えてくるかと思いますので少し説明しますね。
 
家を建てる為の土地には接道義務があり、4m幅以上の道路に2m以上接していなければなりません。



なぜセットバックが必要なのか。
・火事発生時、消防車が入りにくい。
・救急車がスムーズに入れない。
 
昔は、自動車が一般的ではなかったため、昔の基準で整備された道路があって今でもたくさん見かけられます。
 
行政としては、消防車が入れるような道路が整った街づくりをしたいと考えます。
なので、道路を4m確保したいところですが、現に住んでいる人に急に「道路分の土地を明け渡して建替えて下さい」なんて言えませんので、「いつか建替えるときにセットバックして建てて下さい」とお願いすることになります。
道路の反対側が河川や崖地、線路敷地などの場合には、中心線から4mの位置までセットバックすることになります。
なぜなら、河川や崖地の方向へセットバックできる可能性はなく、一世帯で幅を負担しなければならないので注意してください。
 
法令で決まっていることですので、基本的には拒否はできません。
どうしても嫌だということでしたら、建設する場所を変えるしかありません。
セットバックした分の土地は譲り渡すことになりますので売却は不可です。
土地を探す場合は、【要セットバック】に気を付けてお探しください。


 
長文だと読むのも疲れますから、ざっくりとお話しさせていただきました。
 
詳しいお話しは、毎週土曜日、日曜日、【家づくり相談会】を開催しております。
ホームページからご予約状況をご確認頂いてご予約ください。
また、オンライン相談も開始しております。ぜひ、ご利用ください。
人生で一番の大きなお買い物になりますので、わからない事や悩み事、心配事がありましたら相談無料ですのでお気軽にご相談ください。


『おうちで電話相談』
▶詳しくはこちらまで
 
ご予約はHP(ここをクリック)か、お電話で☆
☎0120-500-330
 
2020/06/15