お役立ち情報2

HOME» お役立ち情報2 »家族が自然と集まる間取りのアイデア

お役立ち情報2

家族が自然と集まる間取りのアイデア

皆さんこんにちは。中臺です。
 
新しいおうちを建てたらリビングで家族団欒の時間を過ごしたいですよね!?
 
今回は、そんな家族とリビングで過ごす時間を自然と作れる間取りのアイデアについてお伝えしたいと思います。


家族とリビングで過ごす時間を増やすためには、自然とリビングを通る動線を作ることが大事です。
そのためにはリビング階段にして帰ってきたら家族が顔を会わせる間取りにしたり、リビングを通らないとお風呂に行けない動線にすることが大事です。
 
リビング階段についてはデメリットもあるので、デメリットについてもよく考えて採用するかしないのか決めてください。
 
またよく言われるのが、スタディースペースをリビングの一角に造ったり、リビングで勉強する習慣を付けるとよいと言われます。
 
親が子供の勉強を見てあげやすかったり、リビングで勉強するお子さんは学力が上がると言われますよね。
 
後は自室にこもらずリビングに出てくるようにすることも大事です。
そのためには子供部屋を充実させ過ぎにということが重要になります。
 
部屋が大きすぎると置けるものも増えるのでテレビを置いたり、必要なものがそろっていると部屋から出てこなくなります。
 
最近ではリビングを広めに造ってスタディースペースや、親の仕事スペースなどを作って充実させ、子供部屋を小さめに作り、寝る専用にする間取りも増えています。



子供と親が同じ空間で一緒に過ごすことが子供の成長や教育上でもよいと言われています。
 
犯罪を犯した人の家の間取りを見るとある特徴が見えてくるそうです。それは家族とのコミュニケーションが希薄になりやすい間取りになっているそうです。
 
健全に育って欲しいというのは親としては当然の望みですよね。
 
そのためにも家族が自然と集うリビングは多くの家族において家づくりのテーマの一つになりそうですね。



ご予約は予約ページから!
又は、お電話で♪
☎0120-500-330

▶提携建築会社一覧はコチラ
▶土地情報 
▶建売情報





*当店のご相談の流れ*
詳しくはこちら

*おうちで電話相談*
おうちに居ながらオンライン相談が出来ます!
詳しくはこちら

 
2020/12/24