お役立ち情報7

HOME» お役立ち情報7 »24時間換気のメリットとデメリット

お役立ち情報7

24時間換気のメリットとデメリット

皆さんこんにちは!


 
住宅を建てる場合24時間換気システムというのがあります。
現在この24時間換気システムが法律で設置が義務付けられていることはご存じでしょうか?
 
24時間換気とは24時間止まることなく家中の空気を入れ替えてくれるシステムのことで、2時間で家中の空気が全て入れ替わるように計画しなければならないと義務付けられています。
 
何故24時間換気が義務化されたかというと日本の住宅性能が向上したことによります。
住宅性能が向上したことにより機密性能が上がり、
それまでは隙間から自然に抜けていた有害物質などが室内に充満するようになり、体調を崩す人が増えました。

その結果室内の空気を入れ替える24時間換気システムが義務化されました。

 

 
この24時間換気なのですが3つほど種類があります。
 
第1種換気から第3種換気まであり、
それぞれメリットデメリットがあります。
 
第2種換気なのですが工場や実験室などの特殊な環境に使われる換気システムなのでここでは説明を省きます。
 
第1種換気は吸気も排気も機械で行い、
機械の力で強制的に換気するので計画通りに換気されるようになります。
また機械で空気を排出し取り込むので室内の空気の温度を室外からの空気に移して、夏は涼しく冬は暖かくしてから室内に取り込むことが出来ます。
 
また高性能フィルターを通して外気を取り込むことが出来るので、
キレイな空気を取り込むことが出来ます。

1種換気の一番のデメリットは大きな機械を設置するので費用は高くなります。なので費用を抑えている建売住宅などで1種換気の建物はありません。
 


 
これと比較して第3種換気では排気のみを機械で行い、
吸気は自然に取り込むという形をとっています。

廃棄は小さな換気扇みたいなものが付いていて強制的に排気され、
室内の空気が排出されることで室内の空気が減り気圧が下がり、
室外の空気を取り込むという仕組みになっています。

3種換気の場合は室内と室外の空気が同じ場所を通らないので、
室内の温度を外気に移して取り込むことが出来ません。
このシステムを熱交換システムと言います。
 
なので3種換気のデメリットは室外の空気を取り入れることで熱くなったり、寒くなったりして空調が悪くなります。また機械で空気を取り込むわけではないので、計画的に家の隅々まで換気するのも難しくなります。
 
ただ値段は1種換気に比べて安くすみます。
寒すぎない、または暑すぎない地域では3種換気でも問題なさそうですね。また極端に空気が汚染されている地域(工場地帯や大きな幹線道路の近く)などは1種換気がおすすめです。
 
ハウスメーカーの規模が大きくなるにつれて1種換気になっていく傾向があるような気がします。
 
換気システムは標準でどちらか決まっていますが、1種か3種か選べる会社も多いのでそれぞれのメリット、デメリットを比較してどちらにするか決めてください。
 
また初めから希望の換気システムがある場合標準で採用している会社を選ぶのも一つの手段ですね!
普段やりなれていない施工をすると費用が上がったりミスをする原因に繋がるのでその辺は注意が必要です。

 

ご予約はHP(ここをクリック)か、お電話で☆
☎0120-500-330

▶提携建築会社一覧はコチラ
▶土地情報





*当店のご相談の流れ*
詳しくはコチラ

*おうちで電話相談*
おうちに居ながらオンライン相談が出来ます!
詳しくはコチラ

 
2021/02/17