お役立ち情報6

HOME» お役立ち情報6 »家づくりに必要な期間について

お役立ち情報6

家づくりに必要な期間について


 
皆さんこんにちはなかやんです。
 
今日は家づくりに必要な期間についてお話ししたいと思います。
家づくりの期間は計画する住宅の種類によって変わってきます。
 
建売住宅や中古住宅のようなすでに出来上がっている物件を購入する場合、住めるようになるまでの期間も短いです。なので期限の決まっている方、少しでも早く新居に引っ越したい方は建売住宅や中古住宅がおすすめです。
 
建売住宅は最短で2ヶ月くらいあれば入居が可能です。
ただ引越しの期間などを含めるとスケジュール的にはかなりタイトなので、先にどこかのタイミングで住宅ローンの事前審査だけでも行っておくと、精神的にも余裕をもって住宅購入を進めていくことが出来ます。
 

 

中古物件の場合入居差がまだ住んでいる場合、入居者と相談の上引き渡し日を決めるので、それによって期間が変わってきます。新居へ入居したい時期が決まっている方は注意が必要です。
 
それに比べ注文住宅は全く入居のスケジュールが異なります。
 
まず土地があるのかないのかで変わってきますが、土地がない場合おおよそのスケジュールは住宅の購入を考え始めてから購入までに1年くらいかかります。
 
住宅会社を決めるのに2ヶ月くらい。その間に間取りをだいたい決定します。土地探しも並行して進めます。土地が決まらないとその先に進むのは難しいです。
 
なので土地が決まらない場合ここで計画がストップして、土地探しに時間を使うことになります。その後だいたいの土地が決まると、土地と建物代で住宅ローンの事前審査に出します。土地代、建物代で住宅ローンが組めそうだとわかると住宅会社と契約になります。
 

 
住宅会社と契約後は間取りの細かい修正や、住宅設備、家の内装の打ち合わせに入っていきます。それと同時に土地の決済の準備を進めます。
 
土地の契約から決済までの期間は、だいたい2ヶ月くらい売主さんが待ってくれる方が多いので、その間に家の内装を決定していきます。決済まで3か月待ってもらえると余裕をもって家の内装を決めることが出来ます。
 
その後土地の決済をして引き渡しが終わった後、いよいよ着工⇒上棟⇒竣工⇒お引き渡しと進んでいきます。着工が始まってからは住宅会社さんによっても期間は違いますが、だいたい4か月くらいで引き渡しになります。
 
トータルするとだいたい1年くらいですが、これはあくまでもスムーズに進んだ場合の話であって、建築する住宅会社がなかなか決まらなかったり、土地を決められないでいると計画の期間は無限に伸びます。
 

 
当店では住宅会社を決めるお手伝い、土地を決めるお手伝いをさせていただいています。
住宅会社の決定や土地探しで悩まれている方、違う角度から考えてみると解決の糸口が見つかるかもしれませんよ!
 

ご予約はHP(ここをクリック)か、お電話で☆
☎0120-500-330

▶提携建築会社一覧はコチラ
▶土地情報





*当店のご相談の流れ*
詳しくはコチラ

*おうちで電話相談*
おうちに居ながらオンライン相談が出来ます!
詳しくはコチラ

 
2021/4/21