お役立ち情報6

HOME» お役立ち情報6 »土地と住宅会社どちらを先に決める?

お役立ち情報6

土地と住宅会社どちらを先に決める?



家を建てようとするとき皆さんは住宅会社と土地どちらを先に決めますか?
 
先に土地が決まってないと住宅会社に相手にしてもらえない気がしますよね。
 
でもどちらが先というよりは、住宅会社の人と一緒に探した方が失敗が少なくなります。
 
ではなぜ失敗が少なくなるのか説明していきますね。


 
理由は簡単で不動産屋さんは不動産の売買のプロではあるが、家を建てるプロではないということです。
 
つまり、その土地にどういった家が建つか分からないということなのです。
 
もっと詳しく説明すると、その土地に家を建てられるようにするのにどのくらいお金がかかるのか、お客様の理想の間取りの家が建てられるのかは分からないということなのです。
 
当然不動産屋さんも土地や建物のプロなので、全くわからないということはありません。
 
しかし餅は餅屋です。
 
家に関しては住宅会社の人に聞くのが一番です。
 
よさそうな土地を見つけたら住宅会社の人に相談して、現地を調査してもらうのが一番です。
 
そうすると設計士さんが現場を確認して、建築基準法と照らし合わせ、家を建てられる土地にするために外構にどのくらいお金がかかるのか、電線があったり道路が狭すぎて大型重機が入れなくて人力で運搬することになり建築費用が上がらないか、そういったところも一緒に見てくれます。
 
いくら土地が安くても、駐車場を作るのにお金がかかったり、工事をするのに人手がかかったり予算をオーバーしてしまっては、家にかけられる予算がなくなってしまいます。
 
なので家づくりで失敗しない方法としては、まずはよさそうな土地を見つける。
 
次に住宅会社の営業に見に行ってもらう。
 
そしてその土地でマイホームを計画した時に、その会社でいくらになるかおおよその予算を出してもらうといった流れです。
 
また住宅会社によっては独自の方法で土地を仕入れられるルートを持っている会社もあるので、やはり担当営業マンに土地探しをしてもらうのが成功の第一歩と言えます。
 

 
では土地を先に決めた方が良い場合は無いのでしょうか?
 
そういった場合は建築条件付きの土地を購入する場合です。
どうしても気に入った土地があって、その土地が条件付きの場合は会社を選ぶ事は出来ません。
 
その土地を購入する場合は特定の住宅会社に建ててもらうしかありません(条件がはずせる場合もあるので、その場合は建築会社に相談です)。
 
そうするとその土地に建てられる住宅の範囲内(建蔽率、容積率、北側斜線など)で、マイホームを計画するしかありません。それが建築条件付きはトラブルが多いと言われる所以です。
 
予算の面で失敗しないためにも、信頼できる住宅営業マンに一度候補地を見てもらってから、土地の購入を決めるのが良いと思います。
 
のんびりしているうちに他の人に土地を取られてしまうのが心配という方は、先にある程度の間取りを決めておいたり、住宅ローンの借入先を決めておくなど、理想の土地が出てきたときにすぐに動けるように準備しておきましょう。
 
ご予約はHP(ここをクリック)か、お電話で☆
☎0120-500-330

▶提携建築会社一覧はコチラ
▶土地情報





*当店のご相談の流れ*
詳しくはコチラ

*おうちで電話相談*
おうちに居ながらオンライン相談が出来ます!
詳しくはコチラ

 
2021/06/16