お役立ち情報6

HOME» お役立ち情報6 »小上がり畳のある暮らし

お役立ち情報6

小上がり畳のある暮らし


実家の私の部屋は元々フローリングでしたが、畳屋さんを呼んで畳にしました。

勝手にしたのであとで親に怒られましたが、後悔はしていません。

あの井草の香りが安らぐというか、癒されます。
 
大きな和室は要らないけど、ゴロっと横になれる畳スペースがあると落ち着くという人は少なくありません。

畳スペースは作るけど、小上がりにするか、フラットなままにするかで悩む方もいらっしゃいます。
メリット・デメリットを見て行きましょう。
 
【メリット】
・段差部分に腰を掛けてくつろぐことが出来る。
 (座布団などを置いてソファー代わりに使える点はフラットな和室にはない魅力です)
・空間が立体的になる。
 (リビングの一角に小上がりの和室を設けると部屋が立体的になります)
・床のスペース有効利用。
   (小上がりの部分に収納を組み込むと床のスペースを収納と居室の2層として活用)

【デメリット】
・バリアフリーにはならない。
   (家全体をバリアフリーにしたいという場合には向かない)
・乳幼児がいる場合には注意が必要。
   (歩き始め、小さいお子様がいる場合には常に目を離さないようにする必要がある)
・家具の配置が難しくなる。
   (家具を置くスペースが限られてしまいます)
・お掃除ロボットが進入できない。
   (段差があるため)
 
小上がりの高さや収納の位置、広さなども考慮しましょう。

高さも10センチ程度の段差だと躓くことが多いので座りやすさを考えて30~40センチがいいようです。
この高さだと低めの椅子の座面高に近く、ご年配の方にも安定良く腰掛けられたり、立ち上がる時にも負担が少ない高さですが、天井と身長のバランスにも配慮が必要です。
小上がり下収納も何を入れるために設置するのか、誰が使うのかを考えてみてください。

お困りの際は、ぜひご来店ください。
 
ご予約はHP(ここをクリック)か、お電話で☆
☎0120-500-330

▶提携建築会社一覧はコチラ
▶土地情報





*当店のご相談の流れ*
詳しくはコチラ

*おうちで電話相談*
おうちに居ながらオンライン相談が出来ます!
詳しくはコチラ

 
2021/06/23