お役立ち情報3

HOME» お役立ち情報3 »共働き世帯、家づくりで注意したいポイント。

お役立ち情報3

共働き世帯、家づくりで注意したいポイント。

共働き世帯って、夫婦二人とも働いているので家のことをやる時間を作るのって大変ですよね⁉
特に子供のいる家庭は家事以外にも育児もあるので、余計に時間の確保が難しいですね。
 
私の家も夫婦共働きで小さい子供がいるので、家事に育児に日々追われております。
 
そこで共働き世帯の使いやすい家のキーワードは、ズバリ時短です!
 
時短家電を上手に使ったり間取りを工夫することで、家事に充てる時間を短縮し余剰時間を作り出し、家族と過ごす時間を増やしたり、ゆっくりする時間を増やすことが出来ます。
 

 
ではどのようにすれば、家事の時間を短縮して他の時間を増やせるのでしょうか?
 
方法は二つに分かれると思います。
 
一つは動線を工夫し家事を楽にする方法。
二つ目は時短家電を上手に使う方法です。
 
一つ目の動線を工夫するということですが、やはりそれぞれの家事の動線を短くすることで、家事が大変楽になります。
 
よく言われるのは水回りを知被けることで家事がしやすくなります。
キッチン、洗面所、風呂トイレを近くにまとめることで、料理をしながら洗濯をしたりお風呂掃除をしたりしやすくなります。
 
さらに水回りを集中させることは建築費用を安く抑えることが出来ます。
 
また動線が短くなるので、単純に移動距離が短くなって作業時間が減ります。
なので、洗濯物をどこに干すかも重要になってきます。
 
濡れている洗濯物を運ぶのは結構な重労働です。2階のベランダに洗濯物を干そうと考えている人は、動線も気にしてみてくださいね。
 
室内干しを考えている人は、洗濯場所と物干しスペース(パントリーなど)を隣同士にすると楽です。
さらにファミリークローゼットを隣接させることで、洗濯→干す→取り込むが一連の動作になり移動時間も減り大幅な時間の削減になります。
 
さらに時短家電と組み合わせることで干すという作業がなくなるので、家事の労力を減らし、自分の時間も増やせて一石二鳥です。
 

 
そして少し話しましたが二つ目のコツは時短できる家電を導入することです。
 
代表的な家電として、乾燥機、食器洗機、お掃除ロボットなどがあります。
 
仮に毎日食器洗い2回、洗濯1回それぞれ15分ずつかかっているとして毎日45分時間を使います。
 
それが食器洗い機や乾燥機付き洗濯機を使うことで30分時間を削減できると、1年で182.5時間自分のために使う時間を増やせます。
 
1日30分と考えると大したことないように感じますが、1年で考えると約7日です。7日間も自分のために使える時間が増えれば、旅行なども行けそうですよね。
 
自分の時間が増えることで、生活にも余裕ができ、朝忙しい時間に支度の遅い子供にイライラすることも減るかもしれません。
 
何かと忙しい夫婦共働き世帯。時短家電などを上手く使い、住宅ローンの支払いのために自分たちの貴重な時間を取られないようにしたいですね!
 
住宅の購入前に購入後の生活についておうちの相談窓口で相談しませんか?
 
ご予約はHP(ここをクリック)か、お電話で☆
☎0120-500-330

▶提携建築会社一覧はコチラ
▶土地情報





*当店のご相談の流れ*
詳しくはコチラ

*おうちで電話相談*
おうちに居ながらオンライン相談が出来ます!
詳しくはコチラ

 
2021/07/14